公開個人情報、扱いに警鐘 ビジネスに影響懸念 サイト停止命令

有料記事

[PR]

 政府の個人情報保護委員会が、二つのウェブサイトの運営者に初の停止命令を出した。破産者の氏名や住所は官報に掲載されているが、公開情報であってもデータベース化し検索しやすくしたことなどを問題視している。企業や団体は個人情報を慎重に取り扱うよう改めて求められる。公開情報を扱ったビジネスへの影響を指摘する…

この記事は有料記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント