外貨建て保険、苦情2800件 「リスク説明不足」 昨年度過去最多

有料会員記事

[PR]

 2019年度の外貨建て保険の苦情が、前年比1割増の2822件と過去最高になった。生命保険協会が29日発表した。販売の伸びに伴ってトラブルも増えているが、「為替変動や元本割れのリスクを十分に知らされなかった」など高齢契約者らの苦情が絶えない。

 ■預金感覚でトラブル

 保険料を米ドルや豪ドルなど外…

この記事は有料会員記事です。残り797文字有料会員になると続きをお読みいただけます。