演劇界、続くコロナとの闘い 客席に仕切りなど対策強化 小劇場で集団感染・演者ら陽性、公演中止

有料記事

[PR]

 公演再開が徐々に本格化してきた演劇界に、新型コロナウイルスが大きな影を落としている。小劇場公演でのクラスター(感染者集団)発生や出演者らの感染による公演中止などが続発。他の団体も感染防止策を強化しつつ、薄氷を踏む思いで公演に臨んでいる。

 衝撃を与えたのは、東京・新宿シアターモリエールの「THE…

この記事は有料記事です。残り2012文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。