(戦後75年)色彩がつなぐ、広島の記憶 学生ら、写真をAIでカラー化 一冊の本に

有料会員記事

[PR]

 戦前から戦時中、戦後にかけての白黒写真を、人工知能(AI)や関係者への聞き取りによって色づけする。そんな取り組みを続けてきた学生と大学教授が、355枚の写真を一冊の本にまとめた。凍り付いたモノクロームの記憶を、彩りによって今と地続きに――。その作業を「記憶の解凍」と呼んできた。

ここから続き

 寺の山門の奥か…

この記事は有料会員記事です。残り1215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。