(声)ALSの母をみとり、今も悩む

有料記事

[PR]

 会社役員 吉本千香子(埼玉県 63)

 母は筋萎縮性側索硬化症(ALS)で2年間の闘病の末、一昨年、85歳で亡くなりました。食べ物がのどを通らないとの訴えから、まさかこんな難病になるとは、最も身近な人にこんなことが起こるとは、その時は思いもしませんでした。

 母は施設で生活していましたが、病状が悪…

この記事は有料記事です。残り325文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント