特措法改正へ「国会開いて」 都医師会会見

有料会員記事

[PR]

 東京都医師会は30日、記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて国が金銭的な補償を伴う休業要請を行い、応じない場合は罰則を適用できるよう、新型コロナ対応の特別措置法の改正を政府に求めていく考えを示した。尾崎治夫会長は「コロナに夏休みはない。国会をひらき、国がすべきことを国民に示し、国…

この記事は有料会員記事です。残り160文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら