[PR]

 ■立憲主義者が説く段階的な改善

 岩波文庫は攻めている。近時のラインアップをみればそれは明らかだが、ここに19世紀フランスの自由主義者バンジャマン・コンスタンが加わった。分断社会を背景とする党派政治の時代において、局外中立者としての君主の存在意義を説いたことで知られる、この立憲主義者には、今日の日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも