(コミック)『女の園の星』(1) 和山やま〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■ディテールが支える「ちょっとだけ変」

 手塚治虫文化賞短編賞受賞作『夢中さ、きみに。』の作者の最新作。とある女子高の国語教師・星三津彦の日常を淡々と描く……と言ってしまえばそれまでだが、その日常がほんのちょっとだけ変なのだ。5ミリぐらい足が宙に浮いてる感じとでもいうか。

 学級日誌の備考欄で勃発…

この記事は有料会員記事です。残り435文字有料会員になると続きをお読みいただけます。