[PR]

 著者がポーランド生まれのユダヤ人エヴァ・ホフマンで、書名に『時間』(早川敦子監訳)とあれば、歴史と記憶をめぐる文学的随想を予期させよう。確かに「序」にはその趣があって、例えば「ルーマニア人たちが何かしらの書類を発行してもらうのを大きな汚い部屋で所在なく待っている姿」という描写は、時間の持つ奥行きま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも