[PR]

 人工衛星や地上の通信網に悪影響を与える太陽表面の巨大爆発「フレア」を予測できる新手法を名古屋大と国立天文台が開発し、31日付の米科学誌サイエンスに発表した。現在運用されている予測精度は50%ほどだが、新手法は過去10年間に9回あった巨大フレアのうち7回を予測できたという。衛星や通信の被害を防ぐ宇宙…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも