[PR]

 日本学術会議の分科会(委員長・小倉孝誠慶応大教授)は6月末、「高校国語教育の改善に向けて」と題する提言をまとめた。2022年度から実施の新学習指導要領について、科目の分割自体やその仕方に問題があるとし、共通の必修科目を「総合国語」にまとめ、選択科目を「思考と言語」「言語と創造」「言語文化」「国語表…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも