[PR]

 気象庁は3日、今年7月の降水量が東日本と西日本で1946年の統計開始以降、同月として最多だったと発表した。東日本で平年の2・37倍、西日本で2・32倍だった。日照時間は東日本で平年の41%、西日本で54%と、統計開始以降、最も少なかった。

 7月は梅雨前線が長期にわたり停滞し、九州を中心に広い範囲…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら