(インタビュー)生き延びる命とは 新型コロナ 批評家・東浩紀さん

有料記事

[PR]

 生き延びること以外の価値はないのか。新型コロナウイルス危機に揺れる欧州で発せられた哲学者の問題提起が論議を呼んでいる。命とは、社会とはそもそも何なのかを根底的に問い直そうとする試みだ。コロナ禍がもたらす苦悩に対して哲学は何を提示できるのか、という問題でもある。批評家の東浩紀さんに聞いた。

 ――…

この記事は有料記事です。残り3433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント