[PR]

 バッハ・コレギウム・ジャパンにとって、コロナ禍における初の演奏会。演目はバッハの「マタイ受難曲」だ。鈴木雅明の指揮のもと、演奏家たちは疫病禍の制限を逆手に取り、それを音楽的に昇華させた(3日、東京オペラシティコンサートホール)。

 奏者たちはステージを目いっぱい使い、扇形に陣形を組む。前列から独唱…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも