(けいざい+)日本経済の石垣:中 下請けの本音、理念と隔たり

有料会員記事

[PR]

 中小企業と大企業の共存共栄の道を探る「賢人会議」は、昨年12月から今年2月にかけ、経済産業省で3回開かれた。下請けいじめの改善策を繰り返し求める日本商工会議所(日商)の三村明夫会頭に、安倍政権が応じた形だった。

 賢人会議のメンバーは11人。座長の三村氏のほか、大企業と中堅・中小企業、地銀の経営者…

この記事は有料会員記事です。残り960文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら