(投資透視)兜町半世紀 世界最大の産油国どこに 米国が純輸出国に転じ生産の構図が変化

有料記事

[PR]

 若い頃、アナリストとしてエネルギーを担当した私は、その後、オイルマネー(産油国の政府資金)の日本株運用を任された経験もあります。ここ半世紀の原油市場を振り返り、今後の展開を考えてみます。

 原油価格の予測はとても難しく、産油各国の生産コストや、財政が均衡する損益分岐点を分析しようにも、世界で統一さ…

この記事は有料記事です。残り904文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント