[PR]

 無職 田中美光(東京都 93)

 兵士の遺体が次々と運ばれてくる。長崎の高射砲隊の陣地で被爆。私は「屍衛兵(しかばねえいへい)に立て」と命じられた。遺体を護衛する役目だ。軍服は焦げ、皮膚は焼けただれ、目はつぶれている。脱臼した肩がゆがんで見える。被爆前はたくましく、凜(りん)としていただろう。その…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも