[PR]

 昭和の銀幕を彩った名優高峰秀子さんの自叙伝「わたしの渡世日記」(文春文庫)の前半のラストは、特攻隊を慰問して「同期の桜」を合唱する場面だ。

 「まだ少年としか言いようのない紅顔の特攻隊員は、舞台の私たちと一緒に元気に歌った。この人々の行く手に待っているのは、確実な『死』である」

 「私は二十一歳だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら