[PR]

 ■社会の矛盾、世直しへの情熱

 三重県伊賀市の伊賀流忍者博物館には毎年、20万人前後の入館者が訪れる。コロナ禍がなければこの夏休みも、親子連れなどでにぎわっていたはずだ。岡本恭輔館長補佐(34)は忍者人気の高まりを実感してきた。「祖父世代は時代劇、親世代は『忍者ハットリくん』、子世代は『忍たま乱…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。