[PR]

 公演再開への模索が続くクラシック界で、現代作品の初演が相次いでいる。若き作曲家たちとともに踏み出す、それぞれの新たな一歩とは。(編集委員・吉田純子)

 7月17日、鈴木優人率いる九州交響楽団が、小出稚子作曲「博多ラプソディ」をアクロス福岡で世界初演した。小出はオランダ留学を経てインドネシアでガム…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも