[PR]

 ■語りつぐ戦争 戦後75年

 無職 平山幸子(東京都 83)

 8歳の時、樺太で終戦を迎えた。ソ連軍南下が伝えられる中、母、弟2人と最後の引き揚げ船に乗ることになった。父は許されなかった。

 大混雑の港。いよいよ別れという時、樺太生まれの母が突然、泣いて父にすがりついた。「この子らと内地で生きて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら