[PR]

 コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパンが苦情の多さなどを理由に大阪府東大阪市の元店主とのフランチャイズ・チェーン(FC)契約を解除したことをめぐる訴訟の第1回口頭弁論が14日、大阪地裁であった。セブン本部側が店舗の明け渡しなどを、一方の元店主側が店主としての地位確認などを求め、いずれも争う姿勢を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも