[PR]

 「日本の陸海空軍の鮮やかな活躍ぶりは偉いもんでやすな。米英もあきまへんわ。アカンベーエー(米英)」。大戦末期、寄席ではそんな落語が演じられた。面白くないのを通り越して痛々しい▼国策落語と呼ばれる。統制色が濃くなった時代、軍部から要請されて当時の作家らが作り上げた。「出征祝(いわい)」「防空演習」「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも