(声)平和のバトン 体にしみこむ戦争の精神教育

有料会員記事

[PR]

 会社員 山内基成(愛知県 68)

 「天皇ノ天業ヲ翼賛シ奉ル皇国民ト生レシ光栄ニ感激スベシ」

 これは母の母校の高等女学校の「生徒訓」第1条から抜粋した。7カ条からなり、「滅私奉公」「清廉」「貞節」「日本魂」などの言葉で埋め尽くされる。精神論の権化だ。1941年、太平洋戦争に突入せんとする時期、校…

この記事は有料会員記事です。残り255文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら