(声)延命治療は間違っていない

有料会員記事

[PR]

 無職 野々垣麻子(神奈川県 58)

 難病の母親に施した胃ろうなどの治療が良かったのだろうか、と自問する投稿(7月31日)を読みました。

 今年亡くなった母は重度の認知症。表情も豊かだったのが、6年前、施設に入所した後、絶望したかのように無表情になりました。

 その後、下血して入院し延命治療の選択…

この記事は有料会員記事です。残り215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。