[PR]

 絵画を制作するアーティストにとって、絵画作品を見るとはどういうことなのだろうか。現代作家5人を通して、絵画の見方や感じ方を探る企画展「絵画のミカタ」が群馬県高崎市の県立近代美術館で開かれている。

 牛嶋直子、門田光雅、鬼頭健吾、原游(ゆう)、佐藤万絵子の5人が、同館のコレクションから選んだ作品にコ…

この記事は有料会員記事です。残り316文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り316文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り316文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも