アーティストが見るアート「絵画のミカタ」展

有料記事

[PR]

 絵画を制作するアーティストにとって、絵画作品を見るとはどういうことなのだろうか。現代作家5人を通して、絵画の見方や感じ方を探る企画展「絵画のミカタ」が群馬県高崎市の県立近代美術館で開かれている。

 牛嶋直子、門田光雅、鬼頭健吾、原游(ゆう)、佐藤万絵子の5人が、同館のコレクションから選んだ作品にコ…

この記事は有料記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。