[PR]

 7月中旬、大阪府の近畿大に吉田真吾准教授(38)を訪ねた。揺れる国際情勢に応じ日米同盟が深化した経緯を研究。私は今回、1967年に日米安保高級事務レベル協議(SSC)が始まった頃の議事録などを外務省から開示されたが、吉田氏は当時にも詳しい。

 開示文書の中で異彩を放つ、68年の「日本のミサイル防衛…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも