「小山評定」、ありやなしや 関ケ原の前、家康支持の軍議めぐり研究活発

有料会員記事

[PR]

 1600(慶長5)年7月、関ケ原の戦いの前哨戦ともいえる軍議「小山評定(おやまひょうじょう)」があった。上杉景勝を討つため、軍勢を率いて会津に向かっていた徳川家康が、下野国(しもつけのくに)小山(現在の栃木県小山市)在陣中に、石田三成が畿内で挙兵したとの連絡を受け、「このまま上杉を討つか、反転して…

この記事は有料会員記事です。残り1588文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら