受け手や時代と組み合わさる表現 香港から再び響く「不協和音」 アイドル評論家・中森明夫さん

有料記事

[PR]

 「拘束されているときに『不協和音』の歌詞がずっと頭の中で浮かんでいました」――。香港の民主活動家で、香港国家安全維持法違反の疑いで逮捕された周庭(アグネス・チョウ)氏が保釈後に発した一言をきっかけに、3年前に発表されたアイドルグループ欅坂(けやきざか)46の代表曲が再び注目されている。発言で浮き彫…

この記事は有料記事です。残り1520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。