(ひもとく)コロナinアメリカ 健康第一主義に傷ついたなら 想田和弘

有料会員記事

[PR]

 米国ニューヨーク市に住んで27年になる。今年2月14日、拙作「精神0」の上映がニューヨーク近代美術館で行われた際、ニューヨーカーは普通の暮らしをしていた。約400人を収容できる劇場は満席で、握手やキスが盛んに交わされ、上映後の打ち上げでは料理がシェアされていた。そのころ、中国の武漢や、日本に停泊し…

この記事は有料会員記事です。残り1390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら