[PR]

 ▼紛争や疫病、自然災害などで宗教の役割が問い直されるなか、古代から現代まで、日本に生きる人々の信仰を様々な学問分野の蓄積を踏まえて探る『日本宗教史』全6巻(吉川弘文館)の刊行が始まった。既刊は伊藤聡・吉田一彦編の第3巻『宗教の融合と分離・衝突』(4180円)。企画編集委員はほかに上島享・佐藤文子氏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも