[PR]

 コロナ禍による長期休校で何を思ったのか。子どもたちが率直な思いをつづった作文の数々を、教師たちが定期誌で紹介した。子どもたちの筆を通して、休校中のしんどさやそれを乗り越えようとするたくましさ、学校再開後の喜びが、まっすぐに伝わってくる。

 定期誌は「作文と教育」(日本作文の会編、本の泉社)。8・9…

この記事は有料会員記事です。残り1721文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも