[PR]

 東京・丸の内の行幸通りで21日、おけとひしゃくを使う昔ながらの打ち水を行うイベントがあった。2005年から毎年行われ、今や夏の風物詩だ。コロナ流行下の今だからこそ「安全に生活の中に涼を取り入れて」との趣旨で、参加者同士の距離を2メートル空け、一度に最大50人までと制限した。参加した大学生の坂原圭祐…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら