[PR]

 前回登板で無安打無得点試合を達成したヤクルトの小川は落ち着いていた。一回、先頭の内野安打から先行され、2点目を許した五回には自らの野選もあったが、球威のある直球を高低に投げ込み、傷口を広げなかった。7回を2失点で「粘りながら、最低限の仕事は出来た」。流れを渡さず、七回の味方の勝ち越しにつなげた。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも