[PR]

 文化施設の集まる京都市・岡崎地区で昭和の初めから親しまれてきた京都市美術館が改修・改築を終え、5月末に「京都市京セラ美術館」として再出発した。歴史の蓄積を尊重しつつ同時代性も加えた設計をリードした建築家で、館長にも就任した青木淳・東京芸術大教授(63)は、「目立つことより、空気を変えることを目指し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも