不動産4社、所得隠し容疑 国税が告発 生活保護受給者の家賃や共益費

有料記事

[PR]

 生活保護受給者に住まいを貸し付け、受け取った家賃などを申告せず約4億円の所得を隠したとして、東京国税局査察部が東京都内の不動産会社4社と、4社の実質経営者の男(68)を法人税法違反容疑で告発したことがわかった。

 告発されたのは、江戸川区のアップルハウス、葛飾区のビックワールド、杉並区のアップルハ…

この記事は有料記事です。残り627文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。