折々のことば:1916 鷲田清一

有料記事

[PR]

 権威への服従が人びとの責任感を麻痺(まひ)させ、残虐な行動に走らせる。

 (田野大輔)

     ◇

 ナチス時代のユダヤ人迫害から現代の酷薄な差別発言まで、人はなぜ「正義」を装い、嬉々(きき)として少数者を排撃するのか。ポイントは、権威を後ろ盾にした「責任からの解放」にあると社会学者は言う。つま…

この記事は有料記事です。残り78文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る