(フロントランナー)ファーメンステーション代表・酒井里奈さん 発酵で資源循環の輪を結ぶ

有料会員記事

[PR]

 岩手県奥州市。胆沢平野には水田の中に農家が点在し、農村らしい風景が広がる。ファーメンステーションは、ここの休耕田で有機栽培された非食用の米を発酵蒸留し、エタノールを製造している。化粧品の原料などとして販売するほか、これで自社商品も作る。後に残る発酵粕(かす)は、養鶏農家がエサに使い、鶏ふんは肥料と…

この記事は有料会員記事です。残り935文字有料会員になると続きをお読みいただけます。