(教育考差点)平和のバトン、子どもにどう渡す

有料記事

[PR]

 戦後75年戦争体験者が減っていくなか、平和を学び伝える形も変わりつつある。戦後生まれの親や教師に育てられた大人(第3世代)から、今の子どもたち(第4世代)へ。「平和のバトン」はどう手渡せばいいのだろう。

 ■「被害も加害も、重層的理解を」 竹内久顕(たけうちひさあき)さん(東京女子大准教授)

この記事は有料記事です。残り2073文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント