[PR]

 戦争の体験者が減るなか、戦争や平和をどう伝えていくかが課題となっている。コロナ禍に見舞われた戦後75年の夏。戦争を知らない若い世代が、さらに下の世代に伝えようと、さまざまな試みを始めている。▼特集面=平和のバトンどう渡す

 6日夜、広島市の旧市民球場跡地。大型スクリーンに、原爆ドームの前をゆっく…

この記事は有料会員記事です。残り1368文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも