[PR]

 わがこころ澄みゆく時に詠む歌か詠みゆくほどに澄めるこころか

 (若山牧水)

     ◇

 歌は自分を知り、守り育てたいために詠むものだと歌人は言う。自分を僅(わず)かなりとも「濁りのないもの」にしたい。その点で「合掌礼拝」に似ると。言葉は何か知れない自分というものをたぐり寄せ、劈(つんざ)いてく…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも