(記者解説)スポーツ指導の「暴力」 叱責や暴言、虐待と同じ 編集委員・中小路徹

有料会員記事

[PR]

 殴る、蹴るだけが暴力ではない。スポーツ指導のあり方を見つめ直す機会とすべき調査報告書が7月22日、岩手県教育委員会が設置した第三者委員会から公表された。

 岩手県立高3年のバレーボール部員だった新谷翼さんが2018年7月に自死し、部の男性顧問の叱責(しっせき)や暴言が翼さんを追い込んだとして、遺族…

この記事は有料会員記事です。残り1071文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら