(文化の扉)与謝野晶子、時代先取り 国の感染症対策を批判/WLB・子どもへの目線

有料会員記事

[PR]

 「情熱の歌人」として知られる与謝野晶子(よさのあきこ)がコロナ禍で注目を集めている。100年前にスペイン風邪が流行した際は一家で感染。政府の対策の甘さを鋭く突いた評論は、現代の人々の共感もよんだ。あらためて晶子の実像を追いかけた。

 「政府はなぜいち早くこの危険を防止する為(ため)に、大呉服店…

この記事は有料会員記事です。残り1740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら