[PR]

 環境省は1日、インド洋のモーリシャス沖で起きた日本企業の貨物船の座礁事故による生態系への影響を詳しく調べるため、マングローブ、サンゴ、鳥類の専門家3人を現地に追加派遣することを決めた。外務省や国際協力機構(JICA)の職員とともに、国際緊急援助隊の3次隊として、2日に日本を出発する。

 マングロー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも