[PR]

 政府の公文書管理を担当する北村誠吾地方創生相は1日の閣議後会見で、第2次安倍政権下の公文書管理のあり方について問われ、「しっかり向きあい、できうる限り対応してきた」と述べた。野党などが求める公文書の作成や追跡調査などに消極的な姿勢が批判を浴びてきたが、成果を強調する発言が目立った。

 約7年8カ月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも