[PR]

 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は1日の定例会見で、「香港には三権分立はない」との考えを明らかにした。中国政府の意向を踏まえて施政を行う香港政府の行政権が、司法や立法権に優先されるとの立場を示したもので、「一国二制度」のあり方にも関わる認識として波紋を呼びそうだ。

 かつて中国政…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも