[PR]

 「朝日地球会議2020」(10月11~15日)は新型コロナウイルスの影響ですべてオンラインで開催します。メインテーマは「新しい未来のための5日間」。コロナ禍を経験した私たちは、よりよい世界に向け、どう行動するべきなのか。国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」を目指しつつ、民主主義や気候変動などについて、みなさまとともに考えます。主な登壇者とプログラムを紹介します。

 ■10月11日

 ◇12:30~12:40 主催者あいさつ

 渡辺雅隆(朝日新聞社社長)

 ◇12:40~13:10 「未来の東京」を見据えたサステナブル・リカバリーの推進

 小池百合子(東京都知事)

 ◇13:30~14:30 これからの生きかたと死にかた コロナ禍で私たちはひっそりと動物になっていく

 〈ゲスト〉落合陽一(ピクシーダストテクノロジーズCEO)▽聞き手・竹下隆一郎(ハフポスト日本版編集長)

 ◇15:00~16:00(フランスと中継) “不要不急のチカラ”~コロナ禍で考える五輪、音楽の価値

 〈パネリスト〉辻仁成(作家)、渡辺守成(国際オリンピック委員会委員)▽コーディネーター・稲垣康介(本社編集委員)

 ◇16:30~17:30 オンライン教育のあした

 〈パネリスト〉夏野剛(ドワンゴ代表取締役)、平川理恵(広島県教育長)▽コーディネーター・宮坂麻子(本社専門記者)

 ◇17:30~18:15 SDGsしないのん?

 〈ゲスト〉のん(女優・創作あーちすと)、根本かおる(国連広報センター所長)▽聞き手・奥山晶二郎(本社withnews編集長)

 ■10月12日(月)

 ◇11:00~11:15 来賓あいさつ

 茂木敏充(外務大臣)

 ◇11:15~11:30 来賓あいさつ

 イナ・レーペル(駐日ドイツ大使)

 ◇11:30~12:30(米国と中継) 資本主義と民主主義を根こそぎに?

 〈ゲスト〉グレン・ワイル(米政治経済学者)▽聞き手・坂井豊貴(慶応大教授)

 ◇13:00~14:00 コロナと気候危機(1)世界と日本はどこに向かうのか

 〈講演〉ポール・マデン(駐日英国大使)〈パネリスト〉小野りりあん(モデル)、高村ゆかり(東京大教授)、玉木林太郎(国際金融情報センター理事長)▽コーディネーター・石井徹(本社編集委員)

 ◇14:30~15:30 コロナと気候危機(2)復興へ向け企業はどう取り組むのか

 〈パネリスト〉岸野寛(東京ガス専務執行役員)ほか▽コーディネーター・高村ゆかり

 ◇16:00~17:00(ドイツと中継) コロナ危機と文化

 〈パネリスト〉多和田葉子(作家)、中村桂子(JT生命誌研究館名誉館長)▽コーディネーター・吉村千彰(本社大阪生活文化部長)

 ◇17:30~18:00 エネルギー×ICTによる持続可能な社会の実現

 〈講師〉岡敦子(NTT技術企画部門長)

 ◇18:00~18:45 いま、電気を選ぶ~手軽に脱炭素を始めよう

 〈パネリスト〉大石英司(みんな電力創業者・代表取締役)、鈴木悌介(鈴廣かまぼこグループ副社長)ほか▽コーディネーター・藤えりか(本社経済部記者)

 <主催> 朝日新聞社

 <共催> テレビ朝日

 <特別協賛> 旭硝子財団、アデランス、NTTグループ、サントリーホールディングス、凸版印刷、パナソニック

 <協賛> 住友林業、トヨタ自動車

 <協力> グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、日本マーケティング協会、朝日学生新聞社、CNET Japan、ハフポスト日本版

 <特別共催> 東京大学未来ビジョン研究センター

 <後援> 外務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省

 ■事前登録は公式サイトから

 登録された方には案内メールを送ります

 公式サイト http://t.asahi.com/awf20s1別ウインドウで開きます

 問い合わせは事務局 03・6256・0395(平日午前10時~午後5時)

 (14面に続く)

こんなニュースも