[PR]

 普通の幸せ、楽しい思いは、ドラマとして凡庸なのか、言語に残っていきにくいんです。

 (鴻池朋子)

     ◇

 いかに無念な人生でもそれを悲しみ一色で覆うことに抗(あらが)いたいと、美術家は言う。「悲劇」の中には書き入れられなかったことにふれたくて、ある療養所を訪れた時も施設の説明を辞退し、浜や…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも