[PR]

 ■グラフィックデザイナー・松永真

 ――15歳で九州から京都へ。また別の世界ですね。

 進路を決めていたわけでなく、祖母に呼ばれてなんとなく京都に来たのですが、言葉が全然違うわけですよ。東京の言葉が消えかかり、田川弁になっていた僕に対して「なんか変な子がきはった」と。荒っぽいけど開放的な九州とは…

この記事は有料会員記事です。残り683文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも